ブログ関連

本業にバレずに副業をしよう!副業の税申告の基礎

私は、副業を始めた当初・・・

あい
あい
会社に副業がバレてクビになったらどうしよう・・・

と、収益が無い状態なのに悩んでいて

なかなかブログを始めることが出来ませんでした。

 

その後、本格的にブログを始めて

ブログで収入を得るのが

難しい事なんだと実感したのですが・・・(笑)

 

今回は、令和2年分の税申告についての記事です。

副業が本業にバレる原因は住民税なんです。

税の申告と確定申告をしっかりと本業にバレない方法で

手続きすればバレないので安心して副業してくださいね^^

 

私が本格的にブログで副業収入を得始めたのが令和2年の1月からでした。

ブログアフィリエイトの総売り上げが20万以上だったので

あい
あい
確定申告が必要なのか・・・?

と思い、令和3年2月の中旬に慌てて調べ始めて

何とか3月1日に申告を無事に終わらせる事が出来ました。

 

本当は少しずつ帳簿類をコツコツ作っておけば

こんなに慌てる事なかったんですけどね(汗)

今回私は、売り上げは20万以上でしたが

所得は20万以下だったので確定申告は不要でした。

 

ただ、確定申告は不要でも市役所に

住民税の申告に行かなければならないのです!

 

所得が20万以下だったら何もしなくていいと勘違いしてる人多いんじゃないかな・・・?

今回は、確定申告は必要ないけど

住民税の申告が必要な人向けに記事を書きました。

参考になれば嬉しいです。

確定申告が必要なボーダーラインとは

近年、会社員の方でも副業でブログを始める・・・

という話は珍しくありませんよね。

 

コロナ禍のこんなご時世だからこそ

これから副業にチャレンジする方は増えてくるのではないでしょうか。

 

まず、原則としてブログで収入があったら

申告が必要だという事を頭に入れておきましょう。

 

金額が少なくても必ず申告は必要です。

ブログの収入に関しては、事業に満たない副業の場合・・・

【雑所得】という分類になります。

 

雑所得が20万円を超える場合・・・確定申告が必要。

雑所得が20万円以内の場合・・・確定申告は不要 住民税の申告は必要。

 

そして多くの人が勘違いをしてる【所得】に関してですが・・・

【売り上げ】-【経費】=所得

このポイントを押さえて下さいね!

例えば・・・

令和2年度のブログ収入が21万円だったとします。

 

ですが、ブログのサーバー代・ドメイン代などの維持費が3万円だった場合

上記の方程式に当てはめると

【ブログ収入21万】-【経費3万】=所得18万

になるので、確定申告は不要になります。

 

収入は20万を超えていますが

所得に換算すると20万円以下という事になります。

 

20万円以下の場合は確定申告は不要・・・

でも住民税の申告は必要になります。

 

あい
あい
ここのポイントをしっかり押さえようね!

 

住民税の申告方法

あい
あい
上記のように計算したら、令和2年分の所得は20万以下だったの。

確定申告は不要だけど、住民税の申告が必要になるんだね!

 

早速、雑所得が20万以下だった場合の申告方法について調べましたが・・・

意外と情報量が少ない!

 

ネットにも、雑所得が20万以下の場合は確定申告は不要だが

税申告は必要!とまでは書いてあるけど

詳しい申告方法が載ってなかったのです。

 

まず、住民税は地方税になるので

税の申告はお住まいを管轄する役所での手続きになります。

一方で、所得税については国税になるので

確定申告は税務署の管轄になるようです。

 

ブログ所得の額によって手続きする場所が異なるので

注意しましょう。

 

住民税申告の際に必要な持ち物

続いて、申告の際に必要となる持ち物についてです。

以下の3点が必要になります。

✔ 源泉徴収票

✔ 印鑑

✔ 収支内訳書

こちらの3点は事前に準備し

当日役所へ持っていきましょう。

源泉徴収票

 

会社員で給与所得がある場合は、

確定申告の代わりに会社が年末調整をしてくれ、

本業の会社から源泉徴収票を渡されるはずです。

こちらは税申告の際に必ず必要となりますので

無くさないよう保管しておきましょう。

税申告の際に担当の方に証明として提示するだけで

コピーを取られたり、原本を回収されたりはせず

返却されるのでご安心ください。

 

※ちなみに私は本業の会社のミスで

源泉徴収票の本名の漢字に誤りがありましたが

問題なく手続きができました。

 

印鑑

 

こちらは、住民税申告書に捺印をする時に使います。

シャチハタ以外の認印であれば大丈夫でしょう。

 

収支内訳書

 

こちらはフォーマットは特に決まっていないようです。

私はこのようなフォーマットで

前年の1月から12月分の収入と経費をまとめて

収支を計算しました。

私はブログアフィリエイトの収入のみだったので

雑収入という項目で1年分の収入をまとめました。

 

そして経費についてですが

✔ ドメイン代

✔ サーバー代

を経費としてまとめました。

 

他に経費として計上できるのが

✔ インターネット代

✔ スマホ代

✔ PC購入代

✔ 交通費

なども、あるようですので

自分は何を計上できるのか事前に調べておくと

いいかもしれませんね^^

申告会場で手に入るもの

必要な持ち物については

✔ 源泉徴収票

✔ 印鑑

✔ 収支内訳書

の3点ですが

住民税申告書は当日会場で手に入る書類になります。

住民税申告書

 

ネットで調べていて

こちらの書類も事前準備が必要なのか・・・と

思っていたら税申告書に関しては

当日会場で作成する書類になるようです。

 

私の住まいを管轄する役所では

相談員と呼ばれる方がマンツーマンで

税申告書を作成してくれるシステムでした。

 

私は、事前に準備していた

✔ 源泉徴収票

✔ 収支内訳書

を相談員のお姉さんに提示しただけ。

 

その情報から相談員さんが

パソコンに情報を入力してくれて

税申告書の作成は終わりました。

 

税申告書は最後に

相談員さんと誤りがないか確認し

間違いなければ持参した印鑑を押して

申告書の作成は終了しました。

税申告で気をつける事

税申告で気を付けて欲しいことがあります。

それは、本業に秘密で副業されている方は

絶対に忘れずに申告してほしいのですが

住民税の納付方法は

【自分で納付する】

【普通徴収】という選択肢を選んでくださいね。

 

これを選択しないと

本業の給料と合算した住民税を

支払わなければならないので

本業の会社の経理の方にバレてしまうのです。

 

【自分で納付する】を選択すると

今回、税申告した分だけの住民税を

個別に、納める事ができ

本業の会社にバレる事が

ありません。

 

私が申告した際は

相談員のお姉さんに

「会社に通知しないようにしますか?」と

質問されたので

あい
あい
会社にバレないようにお願いします!

と答えてスムーズに申告を終了する事が出来ました。

まとめ

とても緊張しながら

申告に向かったのですが

簡単にサクサク申告を終わらせる事が出来ました。

所要時間は15分ほど。

とても簡単に申告できるので

「会社にバレたらどうしよう・・・」と

副業に挑戦出来ずにいる方は

そんな不安を捨てて一刻も早く

副業やブログに挑戦してみて下さいね^^

 

▲持ち物▲

✔ 源泉徴収票

✔ 印鑑

✔ 収支内訳書

 

▲当日会場で手に入るもの▲

✔ 住民税申告書

 

▲申告の際気を付ける事▲

住民税の納付方法は

「自分で納付」

「普通徴収」を選ぶ事

 

 

あい
あい
はい!みんな注目~!

 

公式ラインでは

ブログ初心者さんに向けた

ブログ基礎~収益化までの情報を発信中♡

 

登録は無料で

こちらから個人情報は分からないように

なっているので、気軽に登録してみてくださいね♬

 

登録特典でビジネス初心者マニュアル

全35Pをプレゼント中🎁

今すぐ登録してGETしちゃいましょう↓